Career Anchor 株式会社
キャリアアンカー
contents 目標管理の基本的な流れ
HOME
会社概要
活動実績
人事諸制度の全体構造
目標管理のプロセス
360度フィードバックの
進め方
オフィスCA
リンク
アクセス
オフィスCA
社会保険労務士事務所
個人情報保護に関する基本方針

塩津真の本


「上司の評価、会社の評価」

お問い合わせ
マネジメントプロセス 内 容
目標設定・
計画プロセス
職場の使命を明確にし、方針を打ち出す それぞれの職場の基本的な使命を、会社の理念や基本的な経営機能および上位組織から求められている期待を斟酌して、管理職自身の意思として明確に位置付け、目指すべき方向を打ち出していく。
現状を分析し、職場の目標を設定する 会社や部門の今期の方針・戦略を十分に踏まえ、かつ、職場の現状を分析して、職場の使命・任務を果たしていく上での課題を形成、達成すべき「目標」の設定を行う。
職場のメンバーの役割を設計する 設定した「職場目標」を具体的に展開する上で、職場のメンバー個々に対しどのように役割分担を行うことが望ましいか、[職場の生産性」と「メンバー個々の人材開発」の両面から構築する。
メンバー個々の目標を設定する 各メンバーに期待する役割をメンバー個々とすり合わせ、本人の意思とうまく統合して、それぞれの取り組むべき課題を形成し、「目標」を設定する(メンバー自身が設定していく上での援助を行う)。
評価・支援・
成長プロセス
業務の進捗を評価し、メンバーの目標達成を支援する 各メンバーの業務の進捗に応じて、適宜その状況をチェック・評価し、管理職として必要な指導・育成・調整・統制等の業務を遂行することで、目標の達成の支援を行う。
職場の成果を総括する 職場全体の目標達成状況を職場メンバー全員と振り返り評価することを通して、職場としての成果を総括し、次期の職場の課題を共有化する。
職場メンバーの仕事を評価し、次期に活かす 個人目標の達成状況を振り返り、個人の仕事の成果とプロセスを評価することを通して、役割のレベルアップを確認・検討するとともに、必要な能力開発や姿勢等の課題を形成し、次のステップアップに活かしていく。

Copyright (C) Career Anchor Co., Ltd. All Rights Reserved